BLOGブログ
BLOG

八丁堀の居酒屋のおやじの独り言:女子プロゴルフが面白い!!

2019/08/18

最近の女子プロゴルフは盛り上がってますます面白いです。

 

もともと男子プロが不人気でスポンサーが減ってしまい、
試合数が激減しているという可哀そうな状況とは正反対に
女子プロゴルフは試合数も増えて盛り上がっています。


女子ゴルフ人気の理由の一つは黄金世代と呼ばれる
1998年生まれの20歳選手達の活躍があげられます。

 

特に今年は23戦中この1998年生まれの選手の優勝が
7回と目立っていて勝みなみ、渋野日向子の複数回優勝を
はじめ、河本 結、原 英莉花、小祝 さくら、稲見 萌寧、
らが活躍しています。


でもそれ以上に最も大きな理由は現在大フィーバーを起こ
している渋野日向子選手の大活躍でしょう。

 

初めて出場した海外の試合=全英女子オープンでは世界中の
ゴルフファンと普段はゴルフに興味を持ってない人までもが
度肝を抜かれた笑顔での優勝。

 

さらに帰国後、人気が爆発している中で休まずに2週連続の
国内の試合への出場。しかも今週の軽井沢では全英の時と
同じように最終ホールの6メートルのバーディパットが
入ったら優勝!!と全英オープンのあのシーンを誰もが
連想し、期待する場面を作るという大活躍でした。

 

結果は2mオーバーからの3パットボギーでプレーオフも
逃して本人は悔しさで涙する結果とはなりましたが、
同じような状況でも、大事な全英オープンの時は壁ドンで
バーディパットをぶち込んだんだから今回はもういいん
じゃないかと言ってあげたいと思います。

 

軽井沢72ゴルフに前年の5割増しの観客を動員したのも
すべて渋野選手一人のおかげなんだから、最後まで主役を
独り占めしたらやりすぎだと私は思いました。

 

もう十分な活躍をしたのだから他の選手(穴井詩)達にも
少しは美味しいところを分けてあげたことは良かったと思います。

 


あと、マスコミはこんなことを絶対に書くことができない
と思うのですが、韓国との仲が過去最悪になっている昨今、
女子ゴルフの世界だけはひそかに忖度(結果論としてだが)
してくれている選手がいます。


陰ながら3人の韓国人選手に金・銀・銅メダルを進呈します。


金メダル:ペ ソンウ(韓国)
 
1、ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップでの
渋野選手の初優勝の邪魔はしたものの、優勝は譲った事により、
渋野選手は全英に行く権利を獲得し、その結果が今のブームに
繋がるという事で、結果として大変良い働きをしました。

 

2、さらにペ ソンウ選手は同じ5月にジャンボ尾崎の愛弟子である
大型新人の原 英莉花選手の初優勝の時もプレーオフまで進出し
簡単には優勝をさせないための邪魔はしたものの最後は原選手
に優勝を譲るという引き立て役としての活躍をしました。

 

3、8月の大東建託・いい部屋ネットレディスでも成田選手に
1打差で迫るというライバルを演じました。

 

翌週の北海道 meiji カップで念願の日本ツアーでの
初優勝を飾りましたがここまでのヒール役としての活躍の
ご褒美としてこれくらいは良い思いをしても許せます。


銀メダル:イ ミニョン(韓国)

1、7月の資生堂 アネッサ レディスオープンではあの
渋野選手とプレーオフまでやって簡単には優勝できない事を
演出しただけで最後はきちんと渋野選手に花を持たせました。
たぶんこの結果が変わっていたら全英での活躍もなかったと
思われ、今の大ブームもなかったのだから貢献度大です。

 

2、同じく7月のサマンサタバサでの小祝さくら選手と
1打差についても3位の三ヶ島 かなとは7打差なのでミニョン
選手の頑張りがなければ圧勝でつまらない試合になって
いたと思われます。

 

3、さらに今回の軽井沢72ゴルフでも穴井詩選手との
プレーオフと言う見せ場を作ったことも貢献度大です。

 


銅メダル:イ ナリ選手(韓国)

金・銀の2選手に比べるとポイントは低いですがセンチュリー
21レディスでの稲見 萌寧選手の初優勝に最後まで競り合って
イナミかイナリか???とやきもきさせた功績で銅です。

 

他にもアン ソンジュや全 美貞も日本人選手に忖度して
ライバルとして最後には日本人選手に勝たせるという活躍を
しています。

 

日韓の関係が過去最悪の状況になっている中でも、ゴルフの
世界だけは微妙なバランスの中で韓国人選手は素晴らしい
貢献をしてくれていることも女子ゴルフの今の人気を支えて
いる要因の一つになっていると思うのは私だけでしょうか?


***参考資料*******************

第7回アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI
■3月29日~3月31日
優勝 河本 結    -15 
 2T ユン チェヨン -10 

 

ヤマハレディースオープン葛城 
■4月4日~4月7日
優勝 成田 美寿々 -5 
 2 アン ソンジュ -4 

 

パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント
■5月3日~5月5日
優勝 勝 みなみ -12  
  2 全 美貞 -12 

 

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ
■5月9日~5月12日
勝 渋野 日向子 -12 
  2 ペ ソンウ  -11 

 


リゾートトラスト レディス
■5月31日~6月2日
優勝 原 英莉花 -14  
   2 ペ ソンウ -14  
 

資生堂 アネッサ レディスオープン
■7月4日~7月7日
優勝 渋野 日向子 -12 
   2 イ ミニョン -12 


サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント
■7月19日~7月21日
優勝 小祝 さくら -17 
   2 イ ミニョン -16 


センチュリー21レディスゴルフトーナメント
■7月26日~7月28日
優勝 稲見 萌寧 -9 
  2T イ ナリ -8 


大東建託・いい部屋ネットレディス
■8月1日~8月4日
優勝 成田 美寿々 -11 
  2T ペ ソンウ -10 


NEC軽井沢72ゴルフトーナメント
■8月16日~8月18日
優勝 穴井 詩 -14 
 2 イ ミニョン -14